美しい足の大敵 静脈瘤を予防しよう

美しい足は女性の憧れですよね。そんな美しい足の大敵があります。静脈瘤という足の病気です。立ち仕事をしている人や妊娠した人に多いです。ここでは静脈瘤の予防方法について見ていきましょう。

・静脈瘤とは

 足の病気の一つです。これは立ち仕事をしている人や妊娠した人に多く、つまりは女性に多く、症状は膝からふくらはぎの後ろ側に血管が浮き出てきて悪くなった場合その血管が黒ずんでいきます。病気ではあるのですが痛みは無く、また命にかかわるようなものではありません。ただ足に静脈瘤ができてしまうと足の美しさは殺がれます。特に女性にとっては耐え難いですね。後ろ側で見えにくく、また痛みもないですからできてしまった事に気づきにくいので注意しましょう。

・静脈瘤はなぜできるの?

 静脈瘤はなぜできるのでしょうか?それは静脈壁という壁が先天的に弱い場合に多くみられます。そしていろいろな理由で静脈弁の働きが悪くなって静脈弁が閉じられなくなり心臓に血液が戻れなくなってそこにたまってしまいます。要するには血液の循環が悪くなるという事です。

・予防法は

 きつめのサポートタイプのストッキングをはいて押さえるようにしながら運動をしましょう。足全体を締めつける事で静脈瘤のふくらんでいる部分を押さえる。さらに段差のある所に足先の半分をのせてかかとを下に落とすストレッチをすると効果的です。ふくらはぎが引っ張られますから、その部分の血液の流れを良くする事ができるのです。すらりとした足は美しいですよね。それを目指す人もキープする人も静脈瘤には気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です