美容の悩み、ほうれい線について

若いのにほうれい線が目立つと、実際の年齢よりも老けてみえてしまって嫌ですが、ほうれい線で悩んでる人もけっこう多く、10代〜20代でも、遺伝や生活習慣の影響でほうれい線ができてしまうのです。

潤いが不足して肌が乾燥すると、ハリと弾力が失われてしまい、一時的にたるむことでほうれい線ができます。もともと肌が自ら潤いをつくる力が弱い乾燥肌の人もいますが、10代〜20代の乾燥の多くは間違ったスキンケアによるものです。若いうちにできたほうれい線は、日常生活を見直すことで改善することができます。美容の為にも日常生活を見直す事が大切です。

Beautiful asian woman自分の行っているスキンケアを再度見直すために3つのポイントを気をつけましょう。

㈰使用量や使用方法を守ることです。化粧品メーカーによって、また商品によって使用量や使用方法が異なるので、化粧品に記載されている使用量や使用方法をしっかりと守り、化粧品には、それぞれ使用量の目安や使用方法があり、どんな化粧品も適量で正しく使わないと効果が実感できないので、正しく使うことが大切です。

㈪肌に摩擦を与えないです。 スキンケアで肌に触れるときは、必ずやさしく丁寧に行い、肌に刺激を与えないようにすることが必要です。化粧品を肌につけるときに、力を入れすぎてしまうと摩擦がおこり、肌への刺激が強くなってトラブルの原因となります。

気をつけたいのがクレンジングで、メイクをしっかり落とそうと、こするようにして力を加えてしまうと肌には大きな負担となるので注意して下さい。化粧水や乳液などをつけるときにコットンを使用する場合も、こするようにつけたり強すぎるパッティングをしないように気をつけてください。

㈫肌をしっかり保湿することです。肌の潤いをキープするためには、水分と油分を欠かさず保湿する事が大切です。基本の保湿ケアは、化粧水で水分を与えて、乳液やクリームの油分でフタをして潤いを閉じ込めます。

美容効果を高め、ほうれい線の改善にはスキンケアが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です